つくとなかなか取れないセルライト

ヘルスケアnet

気になるセルライト

普通の脂肪よりボコボコとした見た目が気になってしまうのがセルライトです。一度できてしまうとダイエットしても落ちにくく残ってしまうのがセルライトで悩む原因です。セルライトができる原因や種類などはどんなもののでしょうか。調べていきましょう。

ぼこぼことした脂肪

足

太ももやお腹にある脂肪

太ももの裏側や外側、それにお腹の気になるところにあらわれるぼこぼことした脂肪を触って気付くと思います。それがセルライトと呼ばれます。

セルライトと脂肪

セルライトと脂肪は構成するものは変わらず、医学的には区別されていません。ですが、触って気になったり形態が違う事からセルライトと呼ばれるようになりました。

皮下脂肪がつくと現れる

皮下脂肪がつくことでセルライトが現れます。大きく膨らんだ脂肪細胞が皮膚組織に引っ張られることでぼこぼことして見えるのです。

燃焼しにくいセルライト

セルライトは脂肪なので痩せることで目立たなくなります。しかし、目に見える脂肪に比べて皮下脂肪は燃焼しづらいため、セルライトは一度つくと消えにくいと感じます。

お茶で便秘改善!
お腹イキイキ☆

フコイダンサプリを取り入れよう
健康維持に最適☆

スムージーダイエットの特徴を大公開♪
手軽にはじめられちゃう!

緑内障の基礎知識を詳しく紹介☆
目のトラブルを解消しよう

人気のダイエットスムージーをpickup☆
飲みやすい商品が満載☆

セルライトの種類

4種類のセルライト

セルライトは4種類に分かれます。人によって性質やセルライトができる原因まで変わってきます。除去するために、自分がどの種類のセルライトができているのか知っておくと、適切なダイエットやケアに繋がることでしょう。

脂肪型セルライト

食習慣の乱れによって生じる肥満が原因のセルライトです。肥満によって血液やリンパの流れが悪くなり老廃物が脂肪細胞の中に溜まり、表面上にぼこぼこと出てきている状態のことです。セルライト全体の50%を占めるため、脂肪型セルライトが一般的なセルライトとして認知されています。

むくみ型セルライト

女性に多くみられる冷え性やむくみが原因のセルライトです。血行が悪くなることで、脂肪周辺に老廃物や水分が溜まることによりセルライトが発生します。体をあっためる事や日頃からマッサージを行なうことで代謝促進させてセルライトを解消することができます。

線維化型セルライト

コラーゲン線維が沈着することによって現れるセルライトで、強いぼこぼこ感が特徴です。強く固まるため、美容医療の超音波治療や衝撃波治療など専門機関での治療が必要となる場合があります。

筋肉質型セルライト

運動していた人が運動をやめた後に、急激に筋力が低下することで作られるセルライトです。ほとんどみられることがなく、できてしまうと除去するのが難しいセルライトで、マッサージや運動などのセルフケアを長い期間行なうことで解消することができます。

セルライトを無くすために

ウエスト

セルライトを除去する

できてしまったセルライトを除去することが可能です。セルライトが気になる箇所へのマッサージや継続した運動によってセルフケアで治療していくほか、専門機関で衝撃波治療や超音波治療などの医療機器を使用しての治療も可能です。

READ MORE
脚

セルライトを予防する

セルライトは一度できてしまうと、除去するまでが大変です。日頃から予防することができます。定期的に運動を行なって脂肪を落とすことや、食習慣の改善でセルライトを予防できます。セルライトは元々脂肪であるため、セルライトの予防は健康へと繋がります。ぜひ、生活習慣の見直しをしてみてはどうでしょうか。

READ MORE
広告募集中